アーラティー教室(ヨーガ道&アーユルヴェーダ)

Schedule etc.

2018.06.25◇トリートメントルーム

タッチの力



アロマトリートメントを行う時、
ファーストタッチがとても大切だ、と言われます。

セラピストになってから、その「タッチ」
ー「触れる」という行為に、
どのように向き合ったらいいか、と学びつづけています。

最近、感じるのは、
優しく、相手の「今、ここ」にある身体に
触れることの大切さ。
優しく触れる、それだけで、身体の緊張は緩み、
かたくなっていた筋肉にも血液が送られます。

そこに強い力は要りません。
ただ、そっと、手を当てるだけ。

私たちの身体は、微細にその感覚を受け取り力があり、
その感覚に影響されて ゆくのです。

ほんの10分、胸元に手を当ててもらっただけで、
首の緊張が緩み、片方だけ上がっていた肩の位置が下がります。

手を当ててもらっていないところが緩む。
そんな体験を重ねてゆくと、
部分が全体に影響することを、
「ケアされる」という観点から見られるようになります。
そして、からだは自らを癒すところを知っている、
ということも感じられるようになります。

そこで大切なのは、意志では無く意識。
触れることで、意識され開かれてゆくからだ。

ただ、「今、その場所」にいることを感じるのに、
触覚が一番大きな割合を占めている五感。

そう考えてみれば、
世界と私の身 体を隔てているのは皮膚であり、
その皮膚に触れるものが、
私達の成長にかなり大きな影響を与えていても、
不思議ではありません。

からだに触れる、というについて知れば知るほどに、
その力、その大切さを感じずにはおれません。
からだに触れることは、
脳に、心に触れることであるという確信が増してゆきます。

だからこそ、もっと繊細に、より微細に、
タッチを深めてゆきたい、と思うのです。


Asako(アロマセラピスト)
※トリートメントメニューはこちらをご覧ください※
リラクゼーション

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは
コンタクトフォームよりご連絡ください