アーラティー教室(ヨーガ道&アーユルヴェーダ)

Schedule etc.

2018.09.26◇ヨーガ道教室

高野山ヨガリトリート2018のレポート①

9月22日~24日までの3日間、アーラティー教室の「高野山ヨガリトリート」が開催されました。

前の一週間はずっと雨続きで週末も土日の雨が予想されていましたが、土曜日の昼からはきれいに晴れ渡り、高野山のさわやかな自然を存分に感じることができました。三日間のレポートをご覧ください。



南海鉄道の高野線で橋本→極楽橋と美しい車窓の自然を見ながら向かいます。2週間前の台風21号で一時不通になっていましたが、お彼岸の連休に間に合うように急ピッチで復旧作業が行われたようです。頑張って下さった皆さんへ感謝でいっぱいになりました。極楽橋からはケーブルカーに乗っていよいよ高野山へ!



午後1時半に皆で大門に集合。高野山詣ではこの大門から始めるのが正式です。可能であれば九度山から約20㎞を歩き、この大門をくぐって壇上伽藍へ、そして弘法大師様のおられる奥の院へ向かうのです。



昔、高野山は女人禁制でした。男性が高野山詣でをしている間、女性が歩いた「女人道」という山道があります。その道をネイチャーウォークする予定でしたが、台風による影響で山道のほとんどが通行止めになっていました。



「大門」から「助けの地蔵」までの数百メートルを皆で歩き、昔の人々に想いを馳せつつ、それぞれに氏神様のお参りのため壇上伽藍へ向かいました。いよいよ高野山での時間が始まります。



昨年もお世話になった遍照尊院さん。お寺や庭園、お部屋にお風呂もとってもきれいで、大満足の宿坊です。



部屋にチェックインしてから大広間でミーティング。今日からこの広間でヨガや座学を行います。窓から見える紅葉が始まった木々がとてもきれいで、シャヴァ―サナ(くつろぎのポーズ)で横たわると、美しい天井のデザインが目に飛び込んできます。どこを見ても美しい~。





お食事は精進料理を頂きます。食べて良し目で見て良し、心が躍ります♪いちじくのてんぷらや柿の白和えなど、珍しいお料理はもちろん、高野山名物のごま豆腐もとっても美味しかったです♪



夜はサットサンガ(皆の集い)を行いました。インドのシヴァナンダヨガアシュラムと同じスタイルで、瞑想からキールタン(音のヨーガ)、ヨガの講和、マントラのチャンティング。皆で声を合わせるキールタンでは、曲が進むにつれて、皆のハートが開いて、緩んで、エネルギーがハーモナイズしていくのが感じられました。ヨガはユニオン、キールタンをすると、いつもそれを実感します。明日もたくさんの笑顔が見られますように。Om.

<続く>
リラクゼーション

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは
コンタクトフォームよりご連絡ください